鎌倉すざく
  • 鎌倉の炭
  • 鎌倉すざく
  • 炭格子館
  • 取扱商品
  • 地図
  • 会社概要
  • 紹介記事
  • ブログ 逸超一炭

鎌倉すざく

炭の歴史

炭の歴史

弘法大師が伝え、先人たちの知恵と技が
育てた結晶を現代の暮らしの中へ

世界でも最高水準と言われる、日本の炭。日本人と炭の関係は古く、愛媛県の肱川村では石器時代にあたる30数万年前の洞窟から、炭が発掘されています。

当時、お隣の中国では北京原人が生きた時代で、やはり洞窟から炭が発掘されています。でも、それは木を燃やした後に残る「消し炭」と呼ばれる炭で、燃料として作られた炭ではありません。かたや日本の遺跡からは、消し炭だけでなく、燃料用に作られたと思われる炭も見つかっています。このことから世界で最初に炭を作り、使用したのは日本人ではないかとも考えられています。

現在の日本の高い炭焼き技術は、中国から伝わったとされています。それを伝えた一人と言われているのが、弘法大師(空海)です。

弘法大師は804年に遣唐使として唐に渡り、約2年間滞在した後、帰国しました。その際、仏典などとともに炭焼きの先端技術も持ち帰り、仏の教えを説いて各地を歩きながら、技術も伝えていったのです。

弘法大師によって持ち込まれた炭焼きの技は、その後、各地の木の特性などに合わせて、長い時間を経て進化をとげていきました。

そんな伝統と技が息づく、日本の炭。先人たちの知恵の結晶を現代の暮らしに取り入れてみませんか。

ページのトップへ

炭の力

炭の力

癒しの力、浄めの力 健康素材・竹炭の効用

お部屋の空気を浄化したり、気になる匂いを吸着したり、生活に役立つさまざまな効果を持つ素材、竹炭。そんな効果の秘密のひとつに、多孔質という特性があります。

竹炭は、内部にまで微細な孔が無数に開いた構造(=多孔質)をしています。そのため表面積が大きく、優れた吸着力を発揮。しかも、その孔には微生物がすみついて、吸着した成分を分解します。竹炭が空気や水を浄化したり、消臭に役立つのはこのためです。

吸着力が特に高い竹の炭を使用

竹炭には、高温で焼き上げた硬質の炭と、比較的低温で焼いた軟質の炭とがありますが、鎌倉すざくでは硬質に焼き上げながらも吸着力の高い炭を使用しています。

硬質の炭には電気を通す性質があるので、空気中の有害物質を吸着したり、赤外線によるリラックス効果も期待できます。

空気や水の汚れ、匂い、化学物質、ストレス…。竹炭は、そういったものから私たち現代人を守ってくれる健康素材なのです。

ページのトップへ